インタビュー

インタビュー

人事交流

人事交流を希望したきっかけ
ある終末期の患者さんに関わっているときに、なかなか患者さんの思いを汲み取れず、逆に患者さんに気を遣わせてしまっているかなと思うことがありました。共感や傾聴などといった技術を身につけていたら、もう少し患者さんの声を引き出せるのかもしれないと思いました。精神面でのケアを勉強したいと思い、東大病院精神科病棟への人事交流を希望しました。

人事交流先で学んだこと
精神科病棟で働き、日々のカンファレンスやスタッフと話しているときに、このような視点があるのだと気づかされることが何度もありました。また拘束ゼロなど患者さんの倫理面を考えての取り組みにも力が入れられていて、スタッフ、チーム医療での工夫により変えていくことができるんだと実感させられました。東大病院精神科病棟での2年間は、私にとって看護や人として、大切なものを気づかせてくれたかけがえのないものでした。

人事交流制度を利用して良かったこと
私は新卒で医科研病院に入職しました。医科研病院も好きだけれど他の病院も経験しなければと何度か思っていながらも、一方でなかなか勇気がなく踏み出せませんでした。そのようななかで人事交流制度を利用して、東大病院精神科病棟で働けたことは、私にとってとってもありがたく、貴重な経験になりました。


内科・アレルギー科・リウマチ科勤務
看護師 職歴9年 新潟県立看護大学出身

既卒看護師

再就職先として当院を選んだ理由
病院見学で当院が看護管理の分野に力を入れている病院であること、また人材を大切にしながら育成に力を入れていることを知りました。看護大卒業後は、急性期病院の手術室で看護師をスタートし充実した日々でしたが、一方で自分の目指す看護とは何であるのかがわからなくなった時期がありました。そんな時当院看護部のミッションを思い出し、私も患者にとっての最適な看護について考えながら進んでいきたいと思い当院を選びました。

再就職に際して何か不安だったこと
一番は看護技術についてです。点滴の確保や採血といった看護技術などに不安がありました。

実際に就職して
既卒者にも半年間チューター制度があり、一番の不安材料であった看護技術を丁寧に指導していただけたことがとてもありがたかったです。また、小さな疑問や悩みなど何でも話を聞いてくれる先輩がいることがとても心強いです。院内・院外の勉強会に積極的に参加することで常に新しいエビデンスに基づく看護を提供することができることも看護の質を保つという点でとても良いと思いました。


手術室勤務
看護師 職歴3年 聖路加国際大学出身

既卒看護師

再就職先として当院を選んだ理由
以前より患者さんらしさをケアに活かせる看護師になりたいと思っていましたがまだまだ学ぶことが多く、教育体制が整った病院で経験を積みたいと調べていたところ、当院を見つけました。看護部理念や病院理念等で、患者さんに寄り添った看護を提供する当院の一員として私も貢献できればと思い、さらに教育体制にもキャリア支援にも力を入れているため、今後のキャリアを考える上でも職場環境が整っていると思い当院を選びました。

再就職に際して、何か不安だったこと
初めての土地、初めての再就職、また、初めての分野でもあり、しっかり適応し、貢献できるのかという不安は大きかったです。

実際に就職して
教育体制が非常に整っていると思います。ナーシングスキルによる統一された看護ケアを提供できる仕組みが構築されており、いつでも技術の確認が行えます。また、ペアシステムで先輩から実際のケアを通して学ぶと同時に、院内外での研修・勉強会も多数開催されており多くの学べる機会があります。さらに中途採用のスタッフが多い当院ならではの特徴として、経験豊富なスタッフが多く、様々な知識を吸収することができます。


内科・アレルギー科・リウマチ科勤務
看護師 職歴3年 京都大学出身

新人看護師

看護師を目指したきっかけ
私は小学生の頃から老人ホームなどでボランティアに参加していて、漠然と(人を助ける仕事につきたいなぁ)と考えていました。高校生になり進路を決めるときに、人の命を救うことができる医療職に興味を持ちました。その時に「医療の必要性は、目的ではなく手段である。患者のQOLの維持・向上のためにある」という言葉から、患者さんの1番近くに寄り添うことができるナースになりたいと思いました。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?
アットホームな雰囲気と、新人教育が充実していると感じたからです。医療者みんなが優しく温かく、看護に妥協しない姿勢をインターンシップの時に見て魅力を感じました。一人一人患者さんを大切にし、密接に関わることができ、個別性の高い看護ができると思い、医科研病院を志望しました。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?
新しい技術を習得するとときは、技術の見学、見守りの下実施、チェックリストを受けて独り立ちとなりますが、テストに合格したときは「できることが1つ増えた!」とうれしいです。また、やはり患者さんからの「ありがとう」の言葉は特別です。自分が患者さんに関わったことでプラスになり、患者さんの心を豊かにするケアができたのかなと、次への向上心につながります

将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。
コミュニケーションを図りながら、患者さんと信頼関係を築き「この人がいると安心だ」と思ってもらえるナースになりたいです。また、遺伝看護専門看護師に興味があるので、さらに深く学んでいきたいです。


消化器外科勤務
看護師 職歴1年 慶應義塾大学出身

新人看護師

看護師を目指したきっかけ
もともと病気に興味があり、漠然と将来は医療系の職に就きたいなと思っていました。高校生の時の職業体験で、看護師の一日体験をして、看護師は血圧を測ったり、注射をするだけでなく、患者さんが治療や入院生活を安全・安楽に送ることができるように、自分にできる事は何かを考え、実践していると学び、看護師の仕事の魅力を感じ看護師になりたいと思うようになりました。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?
学生時代の実習で血液疾患の患者さんを受け持ち、血液疾患患者の看護に興味を持ちました。いくつかの病院の見学や、インターンシップをさせていただき、医科研病院の血液腫瘍内科病棟は、疾患や治療によって免疫力の落ちた患者さんが、病棟内だけでも感染の危険を考えずに生活できるよう、医療者が感染源を持ち込まず、患者さんを第一に考えた安全安楽な看護を実践していると感じ、自分もこのような看護を行いた

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?
今はまだ日々の仕事を行うことに精一杯で、やりがいを感じるほどの余裕はありませんが、治療によって辛い症状がある患者さんが、症状を軽減する行動を辛くても患者さん自身で継続したり、できない部分を看護師が援助することによって、日に日に症状が改善し患者さんが元気になっていく姿を見ると、人間の生命力の凄まじさを感じ、患者さんが元気になって良かったなと思います。

将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。
まずは1年間、根拠を持った知識と技術で患者さんに安全安楽な看護を行えるよう、プリセプターさんやエルダーさんのような看護師を目標に学んでいきたいと思います。プライベートでは、せっかく東京にいるので、2020年の東京オリンピックの開会式や閉会式を直接会場で見たいなと思っています。


血液腫瘍内科勤務
看護師 職歴1年 旭川医科大学出身